個人事業主の生産物賠償責任保険について

個人事業主として仕事をしている方の中には、「万が一、仕事でミスをしてしまったらどうしよう?」「賠償責任を請求されたら、どうしよう?」と感じながら仕事をしている方もいると思います。
個人事業主となれば、やはり責任は自分にかかってくることになりますから、常にこういったプレッシャーを感じている方も多いでしょう。

ここでは個人事業主の備えとなる生産物賠償責任保険について、説明したいと思います。
そもそも、生産物賠償責任保険とはどういったものかというと。
製造した商品が販売され、その商品により利用者に怪我を負わせてしまったり、火災を起こしてしまったなどにより事故に発展した際に備える保険となっています。
個人事業主として仕事をしていると、時には思いもかけない事故となってしまうこともあります。こういった事故の際、法律上の損害賠償責任を補ってくるのが、生産物賠償責任保険となります。
生産物賠償責任保険は、あくまでも法律上の損害賠償金となっておりますが、緊急処置費用や争訟費用などにの費用としても補償されることになります。
時には、リコールなどになることもありますが、リコールなどに関しては生産物賠償責任保険ではなく、リコール費用保険によって補償されるものとなりますので注意が必要。
特約としては、不良製造品損害補償特約や不良完成品損害補償特約などを付けることも出来ますので、加入時にはこれらの内容を確認しながら加入すると良いでしょう。

個人事業主となれば、責任も大きくなります。
仕事の規模が大きくなればなるほど、トラブルに発展した際には損害賠償なども大きくなるため、こういった保険などに加入して備えをしておくことも大切といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です