IT職個人事業主の損害賠償の備え

IT職として、個人事業主になり仕事をしている方は多いと思いますが、それぞれ仕事内容は異なると思います。
「自分は、トラブルになんて巻き込まれない」と思っている方も、思いもよらないトラブルに巻き込まれ、損害賠償を請求されてしまうこともあります。
そのため、それぞれの仕事に応じた備えをしておくことも大切ですよ。

IT職個人事業主の損害賠償の備えについて。
IT職と一言で言っても、それぞれ仕事内容も異なれば、扱っているものも異なると思います。
そのため、備えを行う際には、それぞれの仕事に必要な備えをしておくことが大切。
例えば、プログラミングを行ったり、個人情報を扱う仕事をしている方であれば、IT損害賠償保険が必要となりますし、「メディア関連の仕事をしている」という方であれば、メディア賠償責任保険に加入しておくことが必要です。
「個人情報を扱う仕事を、メインで行っている」という方であれば、個人情報を狙われる可能性が高くなるため、個人情報漏えい保険で備えを大きくしておくことが必要となるでしょう。
プログラミングや開発に携わっている方であれば、コンピューター総合保険に加入しておくことで、プログラムの復旧費用や再作成費用などを補償することが出来、費用のカバーをすることが出来ますよ。

個人事業主として、IT職に携わっている方は増えてきていますが、こういった備えを行っている方はまだまだ少ないと言えます。
「自分は、大丈夫」と思っている方も多いと思いますが、仕事をしている以上、これらのトラブルに巻き込まれてしまう可能性は誰にでもあります。
トラブルが起きてしまってから、これらの保険に加入することは出来ませんから、今から備えをしておくことが必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です